香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

古い家を売りたい!一戸建ての売却のコツ

一般的に1981年6月以降に建てられた家は、同年に大きく変更のあった耐震基準(新耐震基準)を満たしているため、中古物件としても人気がありますが、それよりも古い家が満たしていた耐震基準は「旧耐震基準」と呼ばれ、現在の耐震基準を満たしているとは限らず、敬遠される傾向にありました。
しかし最近、金額の安さとリフォーム需要によって古い家の価値が見直されるようになり、築30年以上の物件の購入割合は年々増えています。
「古い家だから売れないかも…」と諦める必要はありません。不動産売買のプロ『高松アセットビルディング』が、築年数の多い一戸建ての売り方について解説します。

耐震性が充分か

旧耐震基準を満たして建てられた家でも、現在の耐震基準(震度6強~7程度の揺れでも倒壊しない)を満たしていないとは限りません。また過去に耐震補強工事を行っていれば、満たしている可能性も高くなります。過去に耐震診断を受けた書類があれば、耐震性についての充分な証明になり、大きく評価されますので、もしあれば書類を準備しておきましょう。

リフォームをした方がいい?

売る前にリフォームをした方が早く売却できたケースもありますが、リフォームした分だけ高く売れるとは限りません。また、住みながらリフォームというのも大変です。
買い主が『自分で好きなようにリフォームしたい!』というニーズもありますので、先にリフォームしてしまうと逆にニーズを減らしてしまうことがほとんどです。本当にリフォームの必要があるか、しっかりと見極めなければいけません。一人で考えず、信頼できる不動産会社と相談してから決めましょう。

家を解体して売る方が売りやすい?

いっそのこと家を解体して土地だけとして売る…という考え方もありますが、実は『家が建っている土地』と『土地だけ』では支払う固定資産税が異なります。
『家が建っている土地』には「住宅用地の特例」が適用され、固定資産税の優遇を受けることができますが、『土地だけ』になってしまうとその優遇がなくなり、『家が建っている土地』の時と比べて最大6倍近くの固定資産税を支払う必要があることも…。売却に時間がかかってしまった場合に思わぬ出費になりますので、更地にするかどうかはよく調べてから検討しましょう。
また、不動産業者に相談した際、すぐに「解体しましょう」と提案してきた不動産業者は避けた方が賢明かもしれません。なぜなら多くの不動産業者は自社で耐震改修などの工事ができず、自社の都合の良いようにいったん解体して取り扱うという提案しかできないという場合があるからです。

古い家だからこそ、不動産業者選びは慎重に

築年数の多い一戸建てを売るには、たくさんのコツがあります。またそれ以上に、不動産業者選びが大切です。古い家の売却実績が多く、幅広い提案をしてくれる不動産業者を選びましょう。
高松アセットビルディングは、建築免許を保有する数少ない不動産会社です。耐震性の診断はもちろん、耐震改修や、古家を再生するためのリフォームまで自社で行えるため、プロの目線でベストなご提案が可能です。
香川で一戸建てを売るなら、不動産売買専門の高松アセットビルディングにお任せください。
売買実績を積み重ね培ったノウハウで、お客さまの不動産を早く、高く売却できるようサポートします。

不動産売却