香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

マンション売却前にリフォームすると高く売れますか?

マンション売却前にリフォームをしても、必ずしも高く売れるわけでは無いので注意が必要です。リフォームをしたほうが良い場合もあれば、リフォームをせずにいたほうが適しているマンションも存在します。

大切なのは築年数とマンションの状態の2つ、自分の所有するマンションに当てはめてリフォームするかをしっかり判断しなくてはいけません。リフォームによって得られるメリットと、発生するデメリットをそれぞれ踏まえ、判断の参考にしていきましょう。

売却前にリフォームするメリット

リフォームは一般的に、売れやすくする効果を期待できるものとして知られています。費用をかければ内装など見た目が綺麗になりますので、もちろん買い手に対して良い印象を与えられます。内装がボロボロなどマンションの状態が悪いようなら、やはり売れにくくなるため、リフォームを有効に活用できるでしょう。

あらかじめリフォームをしてあれば、買い手は改めてリフォームを要しませんから、直ぐに住めるメリットも得られます。既に売却を開始しているにも関わらず、買い手がつかないことに悩みを持つときにも、リフォームの選択は適しています。

リフォームのデメリットにも注意を

一方、リフォームはメリット以上にデメリットを多数持つことが有名です。まずは、リフォームにかけた費用を売却価格に反映できるとは限らないことがあげられます。不動産の売却価格はあくまでも築年数が大きなポイント、リフォームでどれだけ綺麗にしてもなかなか売却額を高くはできません。

それに力を入れてリフォームをしても、応じて売却価格を高くしてしまえば、当然売れなくなってしまう可能性が出てきます。ですから、リフォームでマンションを高く売ることは、そもそも非常に難しいといえるでしょう。更にマンションの買い手によっては、リフォームをしたことがマイナスに作用してしまうこともあります。

あらかじめリフォーム済みであっても、デザインなどが買い手の好みと合わなければ、もちろん購入する意欲が下がります。買い手の理想像を把握することは困難、リフォームはリスクが大きい手段なのです。また、中古物件を探している買い手の中には、自分でリフォームをしたいと考える人もいます。

このような人からも敬遠されやすくなりますので、これもリフォームにおける大きなデメリットになるでしょう。加えて、リフォームを選択したときには、当然ですが売り出し開始の時期もその分遅くなってしまいます。

ハウスクリーニングやリノベーションも選択肢に

リフォームに悩む人は、リフォーム無しでのマンション売却が向いています。築年数がそれほど経過していない物件や、物件のコンディションが良いときにもリフォームはほぼ必要ありません。ハウスクリーニングで対応可能な物件は多く、リフォームよりもこちらが適している場合が多々見られます。近年では、中古物件のリノベーションにも注目が集まっています。買い手が自分でリフォームなどを行うケースが増えていますので、このような需要に合わせるときにもリフォームは要しません。

マンション売却においてリフォームをする手段は、どうしてもマンションが売れない場合に選びましょう。リフォームを利用してマンションを高く売ることは難しく、リフォームをしてもその費用が逆に負担として残ってしまう可能性があります。ハウスクリーニングをすると費用は抑えられますから、これが一般的にリフォームの代わりに推奨されています。中古物件を購入して、自分でリフォームする人も増加傾向にありますので、悩むようならマンションをそのまま売却してみましょう。

中古マンションを上手に売却できる不動産会社探しを

中古物件は新築に比べて選択肢が広く、その分求められるメリットも人によって様々です。中古マンションの売却を依頼するなら、その特徴を正確につかみ、欲しがる人を適確に見つけてくれる不動産会社を選ぶのがポイントになります。

香川県のマンション売却なら、高松アセットビルディングにご相談ください。県内で多数のマンション売却実績を持つ弊社なら、どのようにマンションを売り出し、どんな人をターゲットとするかまで、培ってきた経験や知識を活かしてご提案できます。

また、建設業免許も取得している高松アセットビルディングでは中古物件の購入した方にリフォームをセットでご提供するサービスもありますので、リフォームせずに売り出す物件売却にも強いのが特徴です。リフォームするのがいいのか、ハウスクリーニングすれば大丈夫なのか、お悩みのことがあるなら、まずは一度高松アセットビルディングまでご連絡ください。

リフォーム