香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

マンションを売却する時の登記費用について教えてください。

マンションを売却した際に発生する登記費用は、正確には抵当権抹消登記手続きのための「登録免許税」と「司法書士手数料」を合算したものを言います。

必ず発生する登録免許税

登記簿謄本の内容は法務局の役人が変更します。登録免許税とはそのために国におさめる手数料のことです。

登録免許税は不動産1つにつき一律1,000円と定められています。マンションの場合、部屋の権利の他に敷地利用権という土地の権利があります。敷地利用権は複数ある場合もありますが、これが1つだけなら、部屋と土地でそれぞれ1つの不動産としてカウントされるので、2,000円必要ということになります。

司法書士手数料は任意で

抵当権抹消登記手続きは自分ですることもできますが、法務局は平日にしか受付していないため、忙しくて時間が取れない場合や、手続きの仕方に不安がある時は司法書士に依頼して手続きを代理してもらうこともできます。もちろんそのためには手数料がかかります。

司法書士手数料は依頼する相手にもよりますが、司法書士報酬や住民票の発行などの実費を合わせると10,000円以上は必要になるでしょう。自分で手続きをする場合は、実費部分は変わらず発生しますが、司法書士報酬分は費用を節約できます。

住宅ローンを完済したら抵当権抹消登記を

抵当権は住宅ローンの返済が不可能になった際に金融機関が少しでも資金を回収するために不動産を担保するものです。つまり、住宅ローンの返済が完了した段階で抵当権は効力を失います。しかし、登記簿謄本に記載されている抵当権については、自動で消えることはありません。

住宅ローンを完済した後、抵当権を抹消するために必要な書類が送られてきます。必要な書類をそろえて法務局に申請することで初めて、登記簿上の抵当権についての記載も消してもらえるのです。逆に言えば、住宅ローンを返済しきっていれば、抵当権の抹消はマンションの売却時でなくとも可能です。

売却のための手続きは他にも色々とあり、時間を取るのが難しくなってしまうでしょう。時間に余裕のあるうちなら、自分で抹消手続きをして司法書士手数料分を浮かせることもできるかもしれませんので、行動は早めに起こしておくことが重要です。

住宅ローンの完済がまだなら、まずは金融機関に

抵当権は住宅ローンが完済できていなければ抹消できません。住宅ローンが残っている状態で物件を売却するなら、売却完了後に残りのローンを一括で返済する必要があります。売却後に得られた資金で住宅ローンを返済する場合、返済後に抵当権を抹消し、所有権の移転を行って買主に権利が移ることになります。

買主側にも何日までに部屋に入れるようにしたいといった事情があると思いますので、両者で話し合い、お互いの事情を理解し合った上で日程の調整をしていきましょう。

抵当権の抹消手続きや住宅ローンについてのご相談なら高松アセットビルディングまで

香川県でマンションの売却に際して、残った住宅ローンの扱いや抵当権の抹消手続きについてお悩みなら、高松アセットビルディングにご相談ください。高松アセットビルディングは不動産の売買を専門に長年多くの方から相談を受け、不動産売買のお手伝いをしてきました。

ご自身だけで進めるのに不安を感じられるような専門的な問題にも、豊富な経験と知識を身に付けたスタッフがご相談に応じますので、是非一度ご連絡ください。

不動産売却