香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

「記名」と「署名」、「押印」と「捺印」って何がちがうの?

「記名」と「署名」、「押印」と「捺印」って何がちがうの?

 

記名と署名

売買契約を締結する際、契約当事者(売主、または買主)が自分の名前を記す方法として、「記名」と「署名」があります。

 

「記名」も「署名」も「名前を表記する」という意味では同じです。ただし、表記する方法に違いがあるのです。

 

「記名」とは他人による代筆、ゴム印や社印を押したもの、ワープロ等で印刷したものでも大丈夫です。

 

「署名」とは名前を表記する本人が手書きで書いたものです。

 

「記名」は本人の筆跡が残らないため、「署名」と比べると証拠能力が低くなりますが、新商法第32条に「この法律の規定により署名すべき場合には、記名押印をもって署名に代えることができる。」と規定されています。

したがって、「署名」=「記名」+「押印」ということになります。

 

押印と捺印

「押印」(おういん)と「捺印」(なついん)はどちらも判子を押すという行為を表す言葉で、こちらも「記名」と「署名」同様、それぞれ意味がありますが、実際にはあまり使い分けはされていないようです。

 

「押印」はもともと「記名押印」という言葉が、一方「捺印」は「署名捺印」という言葉が省略されて使われるようになったようです。ですので、「記名」に判子を押す際は「押印」を使い、「署名」のときは「捺印」が使われます。

 

法的効力としては、「署名捺印」が一番高く、次に「署名のみ」、「記名押印」、最後に「記名のみ」となります。

売買契約においては、他人が売主になりすましたりできないように、「署名捺印」が原則になります。最終所有権移転の際、売主は印鑑証明書添付の上、実印での捺印が義務付けられます。これほど厳重なチェックが行われています。

未分類