香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

ハザードマップを確認しよう!

物件を探していく中で、知っておいたほうがいいことがあります。
それは台風や大雨など過去に自然災害などで被害がでていないかどうか、ということです。

ハザードマップをみなさんご存知でしょうか?聞いたことがあっても実際に見たことはありますか?

ハザードマップとは、自然災害による被害を予測して、被害範囲を地図に表したものです。

予測される災害の発生地点や被害の拡大範囲・程度、さらには避難経路、避難場所などが地図に書かれてあります。

ハザードマップからわかること・・。

例えば水害です。

・想定浸水区域や過去の浸水実績
・土砂災害
・土石流や崖崩れの恐れのある地域、土砂災害防止法の区域
・地震や津波
・液状化の恐れのある場所、高波時に通行止めになる場所
このような内容が記されています。

また、災害があった場合に備えて、上記に避難経路や避難場所などを記した防災マップと呼ばれる地図が市町村ごとにあります。
具体的なところでは・・
①川や海の近く
川や海の近くは、津波や浸水などの被害の可能性があります。
ハザードマップで浸水実績・想定区域や津波、洪水ハザードマップを利用しましょう。

②傾斜地・がけなどが側にある時
傾斜地やがけの上などの土地は土砂災害の可能性があります。
がけ条例や土砂災害警戒区域などといった地域に指定されているかどうかの注意が必要です。
このような場合、擁壁(ようへき)や建物高さなど、家を建てる際に制限が出てきます。
土砂災害ハザードマップ、土砂災害警戒区域などを利用しましょう。
場所によっては家を建てる際に制限が出る場合もあります。

契約をするまで知らなかった・・・という事にならないために、一度ハザードマップ、防災マップを確認してみましょう!

不動産購入