香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

マイホーム購入と一生賃貸どちらがいいの?

マイホームの購入と一生賃貸ではどちらが良いのか?

それぞれのメリット、デメリットを紹介していきます。

マイホームと賃貸のランニングコストの差について

賃貸の場合、家賃と管理費以外に大きな出費は少ないのですが、何十年と家賃を支払い続けても自分の財産として何も残らないデメリットがあります。そのため、定年退職、または収入が減った場合、家賃の負担が大きくなることが考えられます。

マイホームを購入する場合、住宅ローンの支払いに加えて、固定資産税、また家が古くなれば維持のための修繕費用もかかります。住宅以外にかかる費用は賃貸よりも高くなる傾向にあります。

住宅ローンを支払い続けるのが大変という意見もありますが、支払い続けるのは賃貸も同じ。住宅ローンを完済すれば、定期的にかかる費用は保険料と税金のみとなり、賃貸よりも大幅に支払いを少なくすることができますし、ローン完済すればその家は自分の資産となるのです。

またマイホーム購入の大きなメリットとして、住宅ローン控除という制度があります。
これは、住宅ローンを利用して、住宅を購入した場合で一定の要件を満たすときに、所得税や住民税について、控除の適用を受けることができる制度です。
マイホーム購入と賃貸のライフスタイルの違いは?

賃貸の場合、リフォームができなかったり、ペット禁止や、壁に釘打ち禁止など様々な制約がありますが、転勤が多かったり、いろんなところに住んでみたいという願望がある人には、簡単に移り住むことができる賃貸は魅力に感じるでしょう。

一方、マイホームを購入した場合、賃貸のように簡単に転居はできないので、購入の際にはその土地で永く住み続ける気持ちが必要です。

しかし、自分の家ですので、リフォームもペットも全て自由。物件の広さも一般的に賃貸より広い傾向にあり、キッチン等の設備も整っている場合が多いので、永く住むための空間は整っています。

マイホームと賃貸、どちらが良いかはライフスタイルによります。
今回の比較した点を踏まえあえて結論を出すならば、短い期間で考えるなら賃貸、20年以上の永い期間で考えるなら購入がお得であると考えられるのではないでしょうか。

まとめ

マイホーム購入で深まる家族の和!

マイホームを購入する目的は、金銭的なことの不安や今の住まいへの不満があります、

一番の目的は家族の幸せをマイホームによって実現するためではないでしょうか。

家族とのコミュニケーションを図りたい、子供の教育環境、夫婦のセカンドライフの充実など、マイホームを購入する理由は色々です。

好きな壁紙や家具でレイアウトされた部屋、南窓から日が差す明るいリビング、収納がたくさんあるキッチン、ゆっくり足をのばせるお風呂、家庭菜園のできるお庭など
充実した環境での生活は、家族のみんなにゆとりが生まれ、笑顔が増えていきます。そしてその家にはたくさんの想い出がつくられていくのです。

マイホームを購入することは、ひとつの場所でじっくりと落ち着けるということです。隣人との交流を持つことで、住みやすい環境を作ることができますし、マイホームを持つことで、今まで以上に家族の絆が深まることでしょう。

不動産購入