香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

マンションって何年もつの?

令和の時代になり、高松市内でも昭和50年代に建築された築後40年を超えるマンションがチラホラ見受けられるようになりましたが、一体マンションの寿命とは何年なのでしょうか?

 

ここでは中古マンションを購入する際、誰もが気にする築年数について、詳しく解説いたします。

 

税務上、マンションの法定対応年数は47年と定められています。これは毎年減価償却によって47年後には価値が0になるということであり、建物の価値=0になると住むことができなくなるというわけではありません。

 

それではマンションの寿命は何年なのか、と申しますと、定期的な構造躯体や防水、仕上げ、配管などのメンテンスを適正に行えば物理的には100年以上住み続けることができます。しかし、経済状況の変化や技術の進歩(例えば50~60年前の技術では低層マンションしか建てられなかったが、現在の技術では高層マンションの建築が可能な場合、同じ土地に30戸のマンションと100戸のマンションでは建築効率に差が生じるなど)によって、建物はまだ使用に耐えうるにも係らず、経済活動上のさらなる価値を求めて解体されることもあります。

 

「マンションは管理で買え」とよく言われますが、適切な判断と早期のメンテナンスによってマンションの寿命が決まります。結局、マンションを長生きさせるのは、そこに住む住人と管理会社によって決まるのかもしれませんね。

不動産購入