香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

不動産の媒介契約ってなんだろう

媒介契約の目的とは?
一般的に不動産を売却しようとした場合、自分ではなかなか買い手を探すことは難しい為、不動産仲介業者に仲介(媒介)を依頼する場合がほとんどです。この仲介(媒介)には依頼者の保護、取引の安全や円滑化を図る為に媒介契約の書面化が義務づけられています。不動産仲介業者は媒介契約を締結する際、依頼者の意思を確認した上で媒介契約を締結し、契約書面を発行するようになります。

媒介契約の種類について

媒介契約には下記の3種類の契約形態があります。

①一般媒介契約

・売主は複数の不動産会社と同時に契約することができます。
・売主自身で買主を見つけた場合、不動産会社を仲介させず、取引ができます。
・依頼された不動産会社はレインズ(不動産流通機構)に登録する必要はありません。(任意)
・契約期間に特に定めはありません。(但し行政の指導は3か月以内)

②専任媒介契約

・売主はひとつの会社しか契約できません。
・不動産会社は売主より依頼を受けてから7日以内に不動産流通機構(レインズ)に登録しなければなりません。
・不動産会社は2週間に1回以上の頻度で依頼者に報告することが義務づけられています。
・売主自身で買主を見つけた場合、不動産会社を仲介させず、取引ができます。
・契約期間は最長で3か月です。

③専属専任媒介契約

・売主はひとつの会社しか契約できません。
・不動産会社は売主より依頼を受けてから5日以内に不動産流通機構(レインズ)に登録しなければなりません。
・不動産会社は1週間に1回以上の頻度で依頼者に報告することが義務づけられています。
・売主自身で買主を見つけた場合でも不動産会社を仲介させる必要があります。
・契約期間は最長で3か月です。
まとめ

ではどの契約を選ぶのが良いのでしょうか?
まず、一般媒介契約だとレインズに登録する義務が仲介業者にはありません。
また、お客様の立場からすると、複数の会社に依頼することができますが、
複数の業者と対応しなければならないのでお客様自身の負担は他の形態に比べて重くなる可能性もあります。

専任媒介契約だと、販売状況を2週間に一度依頼者に報告する義務があります。
レインズ登録も義務づけされているので複数の不動産会社が物件情報をみることができ、幅広く販売活動ができる可能性があります。
また、一対一なので販売活動もしっかり行う会社も多く見受けられます。

専属専任媒介契約だと、一週間以内の状況報告が義務付けられています。
ただ売主にも、不動産会社にもしばりがきつい内容なのであまりこの態様はみられない取引です。

信頼できる会社があれば専任媒介契約、色々な業者に話を聞いてみたい、窓口は多いほうがいいという方は、一般媒介契約でお話をされるといいかもしれないですね。いずれにしてもしっかりと媒介内容を説明してくれる不動産仲介業者さんで媒介契約を結ぶことをおすすめします。

不動産のご売却、ご購入などは高松で実績のある㈱高松アセットビルディングにぜひご相談ください。親身になってお伺いいたします。

 

不動産売却