香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

売却する時にリフォームは必要でしょうか??  

 

不動産を売却する場合、すこしでも「高く売りたい」と考えられる方がほとんどだと思います。そのため、物件をリフォームして売りに出した方が、高く売れるのでは?と考えられる方は多いかと思います。リフォームするのにも費用はかかりますし、その費用以上の金額を売却価格に上乗せできず、失敗につながることもあります。
そこで今回、売却前のリフォームの必要性について考えていきましょう。

 

リフォーム済みの物件は高く売れる??

 

リフォーム済みの物件ということで売却価格を高めに設定することは十分に可能です。しかし、売却価格を高く設定することにより、逆に売却がスムーズにすすまないことがあります。なぜこのような事がおこるのでしょうか?

それはリフォーム内容です。古い部分を全てリフォームすることで、内装は綺麗になり物件の資産価値は上がります。しかし、その分売却価格を高く設定することにより、近隣の条件(築年数・床面積等)に近い物件と価格の差があまりにもついてしまっては、買主様は他の物件を選んでしまいます。
基本的に、マンションの価値に最も大きく関わるのは内装の綺麗さではなく「築年数」です。内装はリフォームで簡単に新しくにすることができますが、マンションや戸建ての骨格となる構造体は新しくすることができません。

 

買主様が求める中古物件

 

買主様が中古物件を選ぶとき、中古物件だからこその価格を重視している方も多いです。また、内装には人それぞれ好みもありますので、買主様は物件をできるだけ安く購入し、その分自らリフォームを行って納得にいく物件に仕上げていきたい方が多くいます。最近では「中古+リフォーム」という考え方も広く世に浸透し、中古物件を新築物件以上の価値に引き上げるリフォームも流行しています。リフォームをすることで、間取りまでも変更することができ、その自由さが注目をあびています。買主様の選択肢を広げるという意味でも、買主が求めるニーズに適したリフォームを行いましょう。

 

ハウスクリーニングは買主様に好印象を与えるので効果的

 

買主様が自らリフォームやリノベーションを行うとしても、壁紙が極端に汚れていたり、ふすまが破けてしまっていたりすると、買主様には決してよい印象はあたえません。そのためにも、清潔感を出すためにもハウスクリーニング等は行っておくといいでしょう。

 

不動産のご売却をお考えでしたら、ぜひ高松アセットビルディングにご相談ください。不動産売買専門の不動産会社として、多数の仲介実績を持つアセットビルディングなら、県内全体の不動産市場の流れや、地域毎の特色を踏まえたよりピンポイントなアドバイスが可能です。また、物件によって、リフォームをしたほうが良い場合や、現状のままのほうが良い場合があります。リフォームも数多く手がけていますので、物件の状態にあったご提案をさせて頂けると思います。ぜひ、お気軽にご相談ください。

不動産売却