香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

契約日の当日は何をするの?

理想のお住いが見つかり、いよいよ契約です。
契約日当日は、どこでどのようなことをするのでしょうか?

契約は通常、不動産業者の事務所で行います。

買主様、売主様、仲介業者が一同に揃います。
ここで初めて売主様とお会いすることになると思います。

机の上には「重要事項説明書」と「不動産売買契約書」という書類があります。
まず初めに、宅地建物取引士から、重要事項の説明があります。
物件の権利関係や、法令上の制限、インフラ整備、その他制限、取引条件等
これから購入する物件に対しての、文字通り「重要な事項についての説明が書かれた書類」です。

専門知識を有する宅建取引士が説明をすることが義務付けられており
説明をする前に、取引士である事を証明する証明書の提示があります。
提示は義務付けられているので、万が一提示がされない場合には必ず確かめましょう。

重要事項説明が終わると、今度は不動産売買契約書の説明があります。

買主様と売主様が取引をする内容が書かれています。
契約書に付随して、告知書と付帯設備表についての説明があります。

全ての説明が終わると、いよいよ署名・捺印をします。

署名・捺印を終えると、最後に手付金の授受です。買主様が売主様に手付金をお渡しします。
その後、売主様から手付金の領収書をいただき、契約は無事、完了です。

契約は大体、1時間30分~2時間30分程かかるかと思います。
聞きなれない不動産の専門用語を長時間聞いていると精神的にも疲れてくるかもしれません。

一番大切なことは
「分からない点や疑問、不安に思った事があったら必ず質問をする」ということです。

(この契約の緊迫した空気の中、聞き辛い・・・)
(聞きたい事があるけど、話がどんどん進んでいて、止められない・・・)

というようにはなってはいけません。
不動産は、一生の中でも大きな買物ですから、不安な点や不透明な点があったら
クリアにして、話を進めましょう。

 

香川県で不動産売買に関してわからないことや気になることがありましたら、高松アセットビルディングまでお気軽にご相談ください。不動産売買専門店の当社が誠実・丁寧に、皆さまの疑問や不安を解消いたします。

不動産購入