香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

家を売る時にリフォームはするべき?

家を売る時にリフォームはするべき?

住んでいる家を売却するとき、より高く売却するためにリフォームをしておいた方が有利なのか?悩まれる方が多いのではないでしょうか?

 

①家の売却前にリフォームをするメリット

家の売却前にリフォームしておくことのメリットは、なんといっても買う側にとっての印象が良くなることで家が売却しやすくなることです。

買主にとっての家の印象というのは単純に見た目が良くなるのと

購入してすぐに住めるというメリットがあります。

②家の売却前にリフォームをするデメリット

リフォームを行うためには費用がかかります。

そのリフォーム費用かけることでその分高く売却できれば良いのですが、リフォーム費用を回収しようとして、周辺の競合物件よりも購入価格が高くなってしまってはかえって家が売れづらくなってしまうこともありえます。

買い手がうまくつかない場合にはリフォームしたのに値下げ交渉され、結局損してしまったということもあります。

また物件購入を検討されている多くの方は、自分で購入後にリフォームすることを前提としています。

自分でリフォームするための費用を想定しているため、どれだけ安く物件を購入できるかの方がポイントとなっています。

 

③リフォームをするなら

リフォームとひとことでいっても、費用が100万円以上かかるような本格的なリフォームしかないというわけではありません。

畳の張替えや、壁紙の交換など最低限のリフォームであれば数十万円以内で出来る少額のリフォームもあります。費用を抑えつつピンポイントで印象をグッと良くすることができます。

「ハウスクリーニング」を入れておくという選択肢もあります。

特にシンクやお風呂まわりなど、水回りをクリーニングしておくと購入者の評価が上がるという傾向があります。

家のリフォームを行う際には「どのぐらいの規模で行うか?」を不動産会社とよく相談してから判断する必要があります。

物件周辺の購入希望者の年齢層や家族構成などから最適なリフォームの案を検討することが、早期売却の可能性を高めるポイントと言えます。

まとめ

家を売却する前にリフォームを行うと、購入者の層によっては物件が売れやすくなるのですが、代わりにその分の費用を回収できるかどうかが問題となります。

どのようなリフォームを行うかによっても購入希望者の購入意欲を刺激できるかどうかが変わってきます。

家を売る前にリフォームを行うことを検討している方は、不動産会社の担当者に相談をしてみてください。

 

不動産売却