香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

広さを表す「坪」の由来

広さを表す「坪」の由来

 

私ども不動産業者が土地や建物の広さを「㎡」と併せてよく「坪」を使いますが、そもそも「坪」ってどこから来たのでしょうか?

 

諸説ありますが、一番ポピュラーな説として知られているものをご紹介いたします。

 

時代は遡って奈良時代になりますが、養老令(当時の法律)の中に、「長さ30歩、幅12歩の広さを1段とする」という記載があります。この1段は360歩を意味し、1歩×1歩は約1.8m×約1.8mになり、現在の1坪にほぼ合致します。

 

ところで昔は数を数える時に現在のような「1、2、3」とは数えず、「ひとつ、ふたつ、みっつ」と数えていました。歩を数えていくと「ひとつほ、ふたつほ、みっつほ」がいつのまにか「ひとつぼ、ふたつぼ、みつぼ」と読まれるようになり、「坪」の字があてられるようになったと推測されます。

 

よく使う「坪」も広告や登記では使えません

 

我々日本人なら1度は使ったことのある「坪」ですが、実は不動産の広告や登記には使ってはならないことをご存知でしょうか?。不動産の表示に関する公正競争規約というルールがあり、現在では面積を示す単位は「㎡」を使用することになっています。

 

まとめ香川県でマンションをお探しなら高松アセットビルディングまで

地元、香川県で居住用マンションをお探しなら、高松アセットビルディングをご利用ください。マンション購入が初めてのお客さまでも、当社が実施している「住宅購入相談所の無料セミナー」にご参加いただければ、維持管理費に関する不明点についても、分かりやすくご説明いたします。
マンションの購入時に発生する税金や手数料、手続きの仕方など、基礎から説明させていただきますので、高松アセットビルディングへお気軽にお問い合わせください。

不動産購入