香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

査定ってなんだろう?

物件を売却しようとした際、不動産売却一括査定のサイトなどを使われる方が多いですが、各社が各々出してきた査定金額を見ると、金額がまちまちで、時には大きな差が生じているような場合があります。同じように査定をするのにどうしてこんなに差が出るのでしょうか。

今回は、不動産会社の査定の仕方などをご説明したいと思います。

 

査定金額の出し方

物件を売却する場合にご自身が実際にこれぐらいで売れたら良いと思う金額が売却をされる方の「売却希望額」となります。

仲介業者は物件の築年数・物件状況などを参考に、この金額なら売れるだろう、といった現実的な売却額を算出し、自社からの査定額として提出します。この時点で極端に高い、もしくは安い場合があればその理由をしっかりと聞き、それを踏まえた上で平均を取ることで、ある程度の相場を把握することができます。

相場を参考に売り出し価格を決めていくわけですが、実際に物件を売る場合には建物の立地や部屋の内部の状況等を確認します。そして過去の販売実績などに基づいて、最終的な査定額を出します。

ここで、注意をしないといけないことは、何を根拠に物件の評価をしたかを確認することです。通常であれば、自社の売買事例・類似物件の相場・建物の状況等の資料を根拠に説明してくれるはずです。根拠の説明がない会社はあまり信用しない方が良いかもしれません

契約を取りたいがために高めに査定金額をだす会社もあります。ひどい会社だと、とりあえず「売却希望価格で売ります」と言って媒介契約を結ばせて、売れないことを理由に値下げや安い値段での買取りを提案してきたりします。高い査定を出してくれたといって、その不動産会社に決めることは注意が必要です。

では実際に売りに出そうととした場合、どのように売り出し価格をつければいいでしょうか。最初の売り出し価格を付け間違ってしまうと長期間売れない結果となり、値下げをしなければいけなくなります。その結果、本来売りたかった希望額から大きく下回った金額での売却となってしまいます。

そういった失敗をしないために、売り出し価格については事前に自分自身でも相場をしっかりと把握し、不動産会社からの査定額を鵜呑みにせず、自分の基準を元に決定することが重要です。適正な価格を知ることからはじめていきましょう。

不動産売却