香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

権利書を紛失してしまった!どうしたらいいの?

権利証、今は登記識別情報通知と言いますが、一度発行された後は、再発行はできません。つまり、無くしたら終わりです。不動産を売却の際に、権利証は必ず必要になります。それぐらい、大切なものなのです。

 

では、無くしてしまった、そういった場合はどのようにしたらいいのでしょうか。

 

その場合、本人確認情報の制度を司法書士が利用して売買を行います。

本人確認情報の制度とは、文字通り不動産の名義変更の登記申請を代理する司法書士が、「この人は登記義務者に間違いないですよ」と保証する意味合いがあり、本人である旨を証明して、法務局に登記を申請する制度です。

不動産の取引に先立ち、司法書士が売主から本人確認資料(運転免許証・パスポート等)の提示、ヒアリングを行い、売主本人に間違いない旨を証明した書類を作成します。

 

司法書士にとってこの行為は非常にリスクを伴うものです。基本的に司法書士は登記義務者と初めて会います。初めて会う人を「本人に間違いありません」と保証し、不動産取引の責任を持つのです。身分証明は簡単に、精巧に偽造できますので非常に神経を使う行為となります。

 

この書類作成には報酬が当然に発生します。書類を作成するだけで?と思われるかもしれませんが内容をお考えいただくとおわかりになると思います。

 

権利証(登記識別情報通知)は、とても大切なものです。紛失をされると非常に手間もお金もかかるようになります。

無くさないように大事に保管をされることをおすすめいたします。

不動産売却