香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

建売住宅とは?メリット・デメリット

新築一戸建てのマイホームを購入する場合、建売住宅或いは注文住宅という選択肢があります。そこで今回は、建売住宅とはなにか、注文住宅との違いやメリット・デメリットをご紹介します。

 

建売住宅とは?

まず、建売住宅とは土地と住宅がセットで販売されている不動産のことです。 分譲住宅とも呼ばれることがあります。一般的には、間取りや設備が決められている建築されたものを購入します。
一方、建売住宅と比較される注文住宅とは、用意した土地に理想の住まいを自由に設計して建築する不動産のことです。 注文というだけあって、間取りや設備も選択自由であり、ご自身の希望を反映できますが、その分時間や費用がかかることもあります。

このように、建売住宅注文住宅では土地の有無や住宅の自由度などその内容は異なります。 しかし、最近の住宅購入のニーズに合わせて、建売住宅でありながらも着工前の物件を購入してもらい、プランの変更希望を取り入れながら完成させるケースも増えてきています。

 

メリット・デメリット

建売住宅のメリットは4つあります。

まず、1つ目はすでに完成している住宅を見て購入の可否を判断できるのが最大の特徴・メリットです。実際の建物を見ることで生活をイメージしやすく実物を見て決められるため、あとで「イメージと違う」と思う心配もありません。注文住宅の場合、完成してみないと分からない点があります。
また、建売住宅では、間取りが決まっているものを販売するという性質から、多くの人に好まれる間取りが取り入れられ、使い勝手の良い、ノウハウの詰まった住宅に出会えるチャンスがあるというメリットがあります。3つ目は、完成済の建売住宅はすぐ住むこと(お引越し)ができます。未完成の場合でも、注文住宅と比較すると工期が短く明確なため、入居時期を先に決めている方にもおすすめです。最後に4つ目は、同エリアの注文住宅と比較して、価格が抑えめであるということです。 しかし、安いから質が悪いというわけではありません。ハウスメーカーが建材を大量に仕入れているために、単価が抑えられているのが理由です。
一方デメリットとしては、2つあります。

1つ目は完成済の建売住宅は外観、間取り、設備が選べないことや、完成後の変更工事や追加工事となると、内容によってはできない工事があります。個性を重視しにくかったり、欲しかった設備が付いていなかったり、希望を実現できない可能性が挙げられます。2つ目は、完成済の建売住宅の場合、建築中を見ていない、内部を確認するためには既にできあがっている壁等を外す(壊す)必要がある、ということがあります。

優先順位や妥協点をどこにするのかなど、事前にご家族で話し合っておくとスムーズな物件選びにつながるでしょう。

 

おわりに

今回は、建売住宅とはなにか、メリット・デメリットをご紹介しました。

建売住宅にもメリット・デメリットはもちろんありますが、お家探しで不安なことは株式会社高松アセットビルディングに何でもご相談ください。実際に物件探しを始めると他の物件とどう比較すればいいのか分からなかったり、物件情報に知らない単語があって判断ができなかったりと、普段は触れない情報に混乱してしまうかもしれません。お客様目線、プロからの目線でアドバイス、ご提案させていただきます。

 

不動産購入