香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

マンション購入は新築?中古?それぞれのメリット・デメリット

マンションの購入をお考えの方で、新築マンションにするか、中古マンションにするか迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?どちらかが必ずしも優れているという訳ではなく、それぞれのメリット・デメリットがありますので、住まわれる家族構成や目的に沿った物件選びをお勧めします。

そこで今回は、新築マンションと中古マンションの購入のメリット・デメリットをご紹介します。

 

【新築マンションを購入するメリット・デメリット】

□新築マンションを購入するメリット□

・建物・設備がすべて新品!

当然の事ですが、建物・設備が新しい点は新築マンションの最大のメリットです。最新の設備が整っているため、防災・防犯対策も充実していることが多いです。
・瑕疵担保期間が長い!

新築マンションを購入すると、売主や施工会社が10年間の瑕疵担保責任(住宅に隠れた欠陥があった場合に保証する義務)を負うことになります。中古マンションの場合は、売主の瑕疵担保責任が免責となる場合もあります。

 

上記の他に、「税制面の優遇」、「固定資産税などの減免措置」といったメリットがあります。

□新築マンションを購入するデメリット□

・購入前に実際の物件を確認できない

新築マンションはモデルハウスを見て購入を検討する必要があります。実際の間取りや広さと異なる場合があり、イメージ通りの物件かどうかが分からない点がデメリットです。

・購入時の価格が高く、購入後に資産価値の減少が大きい

・自分好みの仕様ではない場合がある

上記の他に、「中古に比べ販売件数が少なく、希望のエリアに新築の売り出しが無いことも多い」、「立地によって価格が高く設定されている」といったデメリットがあります。

 

【中古マンションを購入するメリット・デメリット】

□中古マンションを購入するメリット□

・選べる物件数が多い!

新築物件が見つからないエリアでも中古物件の場合は見つけられる可能性が高くなります。

・購入前に実際の物件を確認できる!

新築物件ではモデルルームを見て購入しますが、中古物件の場合は実際の物件を見る事ができるため、部屋の広さや天井の高さなどを確認しつつ、リフォームのイメージをしやすくなります。

・マンションの管理状況などもあらかじめ確認できる!

管理組合や管理会社から情報を得る事ができるため、実際の管理状況・運営状況なども把握できます。また、ゴミ捨て場などの共用スペースの利用状況なども内覧時に確認できる事もメリットの1つです。
上記の他に、「中古+リフォームのほうが新築よりもコストを抑えやすい」、「自分好みの間取り、内装にすることができる」といったメリットもあります。
□中古マンションを購入するデメリット□

 

・築年数が長いマンションは構造部分・共用部分の耐久性に不安がある場合も。

物件ごとの管理状況によって異なりますが、構造部分や共用部分の耐久性に不安があるケースもあると思います。大規模な修繕が必要になる場合、修繕積立金が値上げされたり、一時金として追加徴収があったり、個人への負担がかかる可能性があります。
・担保価値が低いと判断される場合も。

住宅ローンを利用して購入する場合、金融機関は「収入の安定性」と併せて「担保価値」も見て、審査をします。資産価値が高い新築マンションと比べると、融資の条件(借入できる年数、金利など)が不可される場合もあります。

上記の他に、「工事などで住むまでに時間が掛かる」、「建物の構造によっては自由に設計できない場合がある」といったデメリットがあります。

 

おわりに

今回は、新築マンションと中古マンションのメリット・デメリットについてご紹介しました。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、お客様ご自身の年齢や環境、家族構成や人生設計などを考慮して購入を検討する必要があります。弊社ではお客様のご希望やさまざまな条件をお聞かせ頂いて、最適な物件をご紹介させて頂きます。どんな些細なご相談でも結構ですので、お気軽にご来店ください。

不動産購入