香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

1つの土地に4つの価格?

土地は、一物四価(いちぶつしか)といい目的に応じて下記の4つの異なる価格がつけられています。

「実勢価格」

「公示価格」

「路線価」

「固定資産税評価額」

 

一つの土地(一物)に対して四つの価格(四価)が存在するということです。

なぜ一つの土地に対して四つの価格が存在するのか・・・。

今回は、この四つの価格とは何か?ということを解説します。

 

「実勢価格」とは

実際に売買が成立した価格。

 

「公示価格」とは

不動産を売買する際に目安にする価格。

 

「路線価」とは

相続税の計算を算出する際に使用する価格。

 

「固定資産税評価額」とは

固定資産税を算出する際に使用する価格。

 

なぜ、4つの価格が分かれているのかというと、地価評価設定を国・地方自治体、売主・買主等が違った視点・基準をそれぞれ持ち評価している為です。

 

このように、1つの土地に対して価格がいくつもあるというのは非常にややこしいように思えますが、それぞれ用途や使用する対象が異なっているため、「何のために不動産の価格が知りたいのか?」が大切になります。

不動産でご相談があれば高松アセットビルディングに何でもお任せください。豊富な実績を持つ専門スタッフが、お客様のどのようなお困りごとにも真摯に対応いたします。

不動産売却