香川県高松市のマンション・戸建て・土地の売買お役立ち情報サイト

仲介と買取の違い

不動産を売却する際「仲介」と「買取」という選択肢があります。

今回はその違い、各メリット、デメリットをご紹介します。

 

仲介とは

まず仲介とは、査定後売主と不動産会社が媒介契約を結び、不動産会社が広告など販売活動をおこない、買主を見つけることです。仲介手数料は買主が見つかり売買契約後にお支払いいただきます。販売価格は売主で決定していただくことが可能です。

買取とは

次に買取とは、不動産会社が売主より直接買取をすることです。

買取後再販が前提となる為買取価格は相場の6割~7割が目安といわれています。

この一連の作業を専門に行っている不動産会社は、「買取再販業者」と呼ばれています。

 

 

仲介のメリット、デメリット

仲介のメリットとは、買取より高い価格で売り出すことが可能です。売り出し価格は売主で決定することが可能ですので希望価格での販売が可能です。一方、仲介のデメリットとはいつ売れるか分かりません。すぐ売れることもあれば、相場より高い価格の場合と1年以上売却まで時間が経過することはあります。

買取のメリット、デメリット

買取のメリットは3つあります。まず、①即現金化ができます。現金化される時期が明確になる為その後に予定が立てやすくなります。次に②すぐに売却ができます。契約、所有権移転まであまり時間がかかりません。自宅を売却したお金で新居の購入費用に充てようとしている場合はスムーズに買い替えが可能です。最後に③仲介手数料が発生しません。

一方買取のデメリットとは再販が前提となる為、買取後利益をのせて販売となります。つまり買取価格は相場より安い価格になります。また、買い取ることは仲介よりもリスクを負うことになる為、買い取った物件がなかなか売れない場合も想定されます。また、瑕疵担保責任は売主の代わりに不動産会社が負うことになり、瑕疵や修繕が必要なところがあれば補修費、その他諸費用を計算し差し引かれます。

 

 

今回は仲介と買取の違いについてご説明しました。

不動産売却では仲介と買取におけるいずれかの方法を活用可能で、仲介は時間やリスクの負担があるものの、売却額に期待できる方法として人気を集めています。買取は売却額が安くなりますが様々なメリットを得られる方法です。仲介と買取の特徴をそれぞれ知って、不動産の売却に役立てていきましょう。

このように、状況に合わせた使い分けをすることで不動産の売却を有利に行うことができますが、分からない場合は無理な売却プランを考えず、まずは専門家に相談しましょう。

香川県で不動産の売却をお考えであれば、高松アセットビルディングに何でもお任せください。豊富な実績を持つ専門スタッフが、お客様のどのようなお困りごとにも真摯に対応いたします。不動産売却は状況によって最善の手段が違いますので、不動産売却でお困りの際は、高松アセットビルディングにまずはご相談ください。

 

売却したい方はこちら

お店で相談!香川県高松市のおうち探しHOT館については

不動産売却